抗生物質の種類

抗生物質の種類

淋病・梅毒などの感染症の治療に効果的な薬

抗生物質の種類

抗生物質の種類

 

大まかに分けると抗生物質は5ランクあります。

 

抗生物質はバイ菌やウイルスの種類を通じて効果が異なります。

 

そのため、作用する強さにも違いがあります。

 

クリニックなどで一般的に処方箋されている抗生物質

・ペニシリン系抗生物質
・ニューキノロン系抗生物質
・セフェム系抗生物質
・マクロライド系抗生物質
・テトラサイクリン系抗生物質

 

ペニシリン系抗生物質

ペニシリン系抗生物質で有名な根源は『』や『アンピシリン』などがあります。ペニシリン系抗生物質は黴菌の細胞ウォール混合を阻害する機能があります。こういう機能が、黴菌の細胞のシステムを壊してもらえる。

 

ニューキノロン系抗生物質

ニューキノロン系抗生物質で有名な根源は『レボフロキサシン』や『トスフロキサシン』などがあります。ニューキノロン系抗生物質は根源名に『~フロキサシン』って付くのが特徴です。

 

ニューキノロン系抗生物質は細胞のDNAを阻害する機能があります。こういう機能が、細胞のDNAの遺伝連絡を使えなくさせてもらえる。

 

セフェム系抗生物質

ペニシリン系抗生物質で有名な根源は『セフカペンピボキシル』や『セフジトレンピボキシルなどがあります。』

 

セフェム系抗生物質もペニシリン系抗生物質と同じ効果があります。

 

マクロライド系抗生物質

マクロライド系抗生物質 で有名な根源は『アジスロマイシン』や『クラリスロマイシン』などがあります。

 

マクロライド系抗生物質は根源名に『~ロマイシン』って付くのが特徴です。

 

マクロライド系抗生物質は細胞のタンパク質の混合を阻害する機能があります。

 

こういう機能が、黴菌本人に必要なタンパク質を作れなくして、黴菌を弱らせることができます。

 

テトラサイクリン系抗生物質

テトラサイクリン系抗生物質で有名な根源は『ミノサイクリンや』や『ドキシサイクリン』などがあります。

 

テトラサイクリン系抗生物質は根源名に『~サイクリン』と付くのが特徴です。テトラサイクリン系抗生物質もマクロライド系抗生物質と同じ効果があります。

 

サワシリンメインへ